本文へ移動
表示色
標準配色
ハイコントラスト
ローコントラスト
文字サイズ
標準

トップページ > 募集情報 >富岡市行政手続ガイドシステム導入業務に係るプロポーザルの実施について
トップページ > 各課のご案内 > 企画財務部 > デジタル化推進室 >富岡市行政手続ガイドシステム導入業務に係るプロポーザルの実施について

富岡市行政手続ガイドシステム導入業務に係るプロポーザルの実施について

更新日:2022年8月18日

事業名

富岡市行政手続ガイドシステム構築業務

事業目的

本事業は、ライフイベントごとに発生する自治体への行政手続について、市民がインターネットのWebページ上で複数の質問に回答していくことで、自身に必要となる手続や申請フォームを案内し、広く市民の利便性を向上させることができるシステムを導入するものである。

なお、システム導入に当たっては、価格だけでなく、システム管理運用について高い安定性や高度な技術力が求められることから、プロポーザル方式により契約の相手方となる候補者を選定するものとする。

事業内容

「令和4~9年度富岡市行政手続ガイドシステム構築業務委託仕様書」のとおり

事業期間

契約締結日から令和10年2月28日(5年間)を想定

価格上限額

15,000千円(税込) 

参加資格

本プロポーザルに参加する者は、次に掲げる要件をすべて満たしていること。

  1. ぐんま電子入札共同システムにおける令和3・4年度競争入札参加資格を有する事業者で、当市から指名停止を受けていないこと。 
  2. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項(同令第167条の11第1項において準用する場合を含む。)の規程に該当しないこと。 
  3. 法人税、法人市民税、消費税及び地方消費税について滞納が無いこと。
  4. 会社更生法(平成14 年法律第154 号)第17条第1項に基づく更生手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)第21条第1項に基づく再生開始手続の申立てを行っていないこと。
  5. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和22年法律第54号)及び刑法(明治40年法律第45号)に抵触する行為を行っていないこと。 
  6. 富岡市暴力団排除条例(平成24年条例第32号)第2条に規定する者に該当しないこと。
  7. 地方公共団体へのシステム導入実績を10件以上有する事業者であること。 
  8. 「令和4から9年度富岡市行政手続ガイドシステム構築業務委託仕様書」の内容を全て満たすシステムが導入できる事業者であること。

参加申込

本プロポーザルへの参加を希望する事業者は、次のとおり提出すること。

提出期限

9月21日(水曜日)午後5時必着

提出場所

デジタル化推進室(行政棟2階)

提出方法

持参または郵送

提出書類

  • 誓約書(様式2):1部
  • 提案書(任意の様式):10部(正本1部、副本9部)
  • 機能要件回答書(様式3):10部(正本1部、副本9部)
  • 見積書(様式4):10部(正本1部、副本9部)

質問に対する回答

質問受付期間内に当市が受領した質問事項及びその回答は以下のとおりです。
注:質問受付期間は終了しました。

令和4~9年度富岡市行政手続ガイドシステム構築業務委託質問事項及び回答一覧(134KB)(PDF文書)

配布資料

このページのお問い合わせ先

富岡市役所企画財務部デジタル化推進室
電話番号:0274-62-1511

このページに対するアンケートにお答えください。
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?