メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

病後児保育「わかば保育室」(一峰こども園内)

更新日:2024年4月1日

市では保護者の子育てと就業の両立を支援するとともに、児童の健全育成を図ることを目的として、平成26年4月から一峰こども園の専用病後児保育室で、病後児保育を実施しています。

病後児保育とは

病気やけがの回復期にある子どもが、保護者の仕事や冠婚葬祭などにより家庭で看ることができない場合に預かり、保育をします。
病後児保育室では、看護師や保育士が子どもの体調に合わせて看護や保育を行います。

対象者

富岡市、下仁田町、南牧村に住所を有する満1歳から小学校3年生

注:令和6年4月1日から、定住自立圏形成協定に基づき、甘楽郡(下仁田町・南牧村)の人は富岡市民と同様に利用できます。

利用時間

月曜日から金曜日、午前8時から午後6時まで

注:土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は休業

利用期間

連続7日間まで(休業日を含める)

定員

1日3人

費用

1日1,000円(当日持参してください)

利用方法

(1)事前登録

「病後児保育利用登録書」をあらかじめ、わかば保育室または市役所子育て支援課に提出してください。

なお、当該、通園(所)している施設へ提出されても登録可能です。

病後児保育利用登録書(Word/19KB)

(2)空き状況の確認(仮予約)

子どもが発病後、病状が回復してきたら利用できますので、「わかば保育室」へ空き状況の確認をしてください。

(3)医師の診察

「診療情報提供書」を医療機関に持参して、医師に証明してもらいます。

診療情報提供書(PDF/87KB)

(4)予約「わかば保育室」

利用にあたり、「病後児保育利用申請書」を提出してください。

利用希望日の前日午後5時までに電話予約をお願いします。
電話番号:0274-63-6220

注:利用当日に症状が悪化・回復・家庭の都合などで利用しないことになった場合は、午前7時から7時20分までにご連絡ください。

病後児保育利用申請(Word/19KB)

当日持参する物

  • 病後児保育利用申請書
  • 診療情報提供書(医師が証明した物)
  • 福祉医療受給資格者証(ピンク色の券)の写し
  • 利用料1,000円
  • 着替え一式(下痢、嘔吐がある場合は多めに)
  • お昼寝布団
  • コップ
  • オムツ使用者は、オムツ5枚から6枚とお尻ふき
  • ビニール袋(洗濯物を入れます)
  • 手拭きタオル1枚、フェイスタオル1枚
  • 食事用エプロン 3枚(未満児)
  • 処方中の薬(薬剤情報提供書を持参)
  • ミルクを飲む場合は、ミルクやほ乳瓶
  • 食事制限やアレルギーがある場合は、給食とおやつを持参

次に該当する児童は利用できません

  • 体温が38度以上
  • 嘔吐が続いて食事が取れない
  • 水様便やひんぱんな下痢
  • ぜんそくなどで呼吸困難な症状がある
  • 食欲がなく、飲んだり食べたりできない
  • インフルエンザなど、流行性の疾患 など

問い合わせ

病後児保育「わかば保育室」(一峰こども園敷地内)
住所:富岡市七日市178番地1
電話番号:0274-63-6220

提出書類やパンフレットは、わかば保育室、市役所子育て支援課、市内保育所(園)・認定こども園などにあります。
以下からもダウンロードができます。

地図情報

わかば保育室

このページのお問い合わせ先

健康福祉部 子育て支援課
電話番号:0274-62-1511
FAX番号:0274-62-0357